名古屋の脱毛ラボってどう? >  ワックス脱毛のメリットとデメリット

ワックス脱毛のメリットとデメリット

体毛を除去するため、基本的にかみそりやクリーム状、または、泡状の除毛剤を使って脱毛しますが、
毛抜きやワックス脱毛のように多くの毛を同時に根本から抜くという方法があります。いろいろな脱毛の方法の1つに「ワックス脱毛」があります。
ワックス脱毛とは、脱毛用に開発されたワックスを皮膚に塗り、毛とワックスが密着して引き離す方法で、
その他に自己処理の為に室内で使えるジェル状のワックスやシートを直接、
皮膚に張り付けて剥がす方法やエステで使う瓶に入った脱毛専用のワックスを皮膚に塗って布を使ってムダ毛を剥がす方法があります。

しかし、このワックス方法は、自己流でもエステでも一瞬だけ痛さを我慢しなければならないのが欠点です。
どの方法でも、脱毛した後は冷タオルで冷やす、石鹸を使わずに水だけで洗う、お風呂の後は化粧水をつける、直射日光に当たらないという気配りも肌に優しく美しく保つ秘訣になります。

また、自己流でワックスを作った場合、ワックスの熱さで火傷する事があるので、ワックスは冷やしてから使うようにしましょう。
そして、ワックスと無駄毛がしっかりついている事を意識して、思いっきり一瞬で剥がす勇気も必要になるでしょう。その勇気がある人には、手作りのワックスをお勧めします。

その名は「シュガーワックス」といって、砂糖とレモンを使ったワックスです。
作り方は簡単で、砂糖とレモンを水で煮立てて、冷ましてからムダ毛の部分に木でできた薄い棒(アイスクリームの木で出来たスプーン)で塗り、
上から布をかぶせて渇くまで待ち、乾いたら毛に沿って一気に剥がすときれいにムダ毛が剃れます。その後のケアとして、冷タオルで冷やし、石鹸を使わずに洗い流す程度で大丈夫です。